2014年05月04日

「渡辺千尋の仕事」展

works_of_chihiro_watanabe_300x424.jpg
現在、長崎県美術館では渡辺千尋さんの回顧展「渡辺千尋の仕事」が開催中です。

渡辺千尋さんは幼少期から青年期を長崎で過ごし、その後エングレーヴィングやメゾチントという手法を用いた銅版画を制作してきましたが、残念ながら2009年に急逝されてしまいました。

エングレーヴィングというのは、ビュランという小さい刃物で極細線を1本1本ひたすら彫り続けるという、考えただけで気が遠くなりそうな手法です。

先日タイピントギャラリーさんで渡辺さんのエングレーヴィング作品を間近で見せていただく機会がありましたが、ルーペで拡大してようやく髪の毛ほどの線が見えてくるほどの驚くべき精緻さに息を呑みました。


渡辺さんは多才で、銅版画制作だけでなく、本の装丁などのグラフィックデザインやノンフィクションライターとしても活躍されていました。

以前このブログでも紹介した「トンチンカン人形」の作者、久保田馨さんの再評価に心を砕かれた人でもあり、久保田さんとトンチンカン人形にまつわるドキュメンタリー「ざくろの空」という著作も残しています。

渡辺さんがまだ子供時代に偶然トンチンカン人形と出会い、それに引きつけられるように毎週おみやげ屋さんに通ったエピソードから「ざくろの空」は始まります。

その後アーチストを目指すようになった渡辺さんの作品には、知らぬ間にトンチンカン人形の造形感覚が入り込んでいたそうです。

「ざくろの空」の後半、創作に疲れ精神を病んでいく久保田さんの姿を渡辺さんは鋭い視線で見つめます。

「自虐的自愛的人形創作」と表現されている、アーティストとして向きあわなければならない、自分の中にある心の闇との対峙。

この創作の喜びと表裏一体の苦しみが、読むものを「何もそこまで」と思わせるほど冷徹でリアルに描写されています。

これは著者である渡辺さん自身も、同じ表現者として生命を削って向き合って来たものだったのでしょう。


そんな経緯もあり、今回の回顧展には、久保田さんの作ったトンチンカン人形が数体展示されています。

渡辺さんの作品の中に混在しても何の違和感もないトンチンカン人形ですが、長崎県美術館の立派な建物の中ではやや居心地悪そうに並んでいます。


「渡辺千尋の仕事」展は6/8まで長崎県美術館常設展示室で開催されてます。

ぜひ里帰りした渡辺さんの作品世界を楽しんでみてください。
posted by Modal_N at 17:36| Comment(0) | Art
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: