2014年05月30日

長崎山王神社の被爆クスノキ


長崎出身の福山雅治さんが新曲「クスノキ」の題材にし、にわかに注目を浴びている長崎市山王神社の「被爆クスノキ」をご存知でしょうか。

kataashi_torii.jpg







山王神社というと、原爆で片方が吹き飛ばされてしまった片足鳥居が有名です。










更に階段を登った境内入口の両脇には樹齢5〜600年の2本のクスノキの巨木が門のようにそびえ立っています。

hibaku_kusunoki-1.jpg

1945年8月9日の原爆投下時、爆心地から約800mの距離にあるこのクスノキも爆風や熱線で幹をもがれ枝葉は吹き飛ばされ、すっかり焼け焦げてしまいました。

kusunoki_1945.jpg

kusunoki_stone.jpg




80cmはありそうな石、これが原爆の爆風で飛ばされてクスノキの幹の中に入っていたそうです。








誰もがもう枯れてしまったと思いましたが約2年後に新芽を出し、奇跡的に復活したのです。
その生命力は復興に向かう被爆者を勇気づけ、今でも平和の象徴として親しまれています。

hibaku_kusunoki-3.jpg  hibaku_kusunoki-2.jpg

長崎の人々の間でも、知る人ぞ知るといった感じの被爆クスノキですが、ここが長崎で最も有名な「音の名所」であることを知る人は更に少ないでしょう。
風を受けるとさざ波のように広がる、そよぐクスノキの葉音。
鳥や子供の遊ぶ声を優しく包み込む、ゆったりとしたさざめきは、まるでクスノキがその蘇った生命力で彼らを守っているようです。
私達のウェブサイトで実際にその音声ファイルが聴けます。
ここは、環境省の“残したい「日本の音風景百選」”にも長崎県から唯一選ばれています。
福山さんもこのサウンドスケープの中で音楽的なインスピレーションを得て曲を書いたのでしょう。
長崎にお住まいの方、長崎に行く予定のある方はぜひこの素晴らしいサウンドスケープを実際に楽しんでみてください。
ただし、隣接する保育園から音楽や歌、オルガンの伴奏などが聞こえてくるので、行くのなら休日がオススメです。

そんな被爆クスノキも、被爆による内部の空洞化に加え、枝葉が伸び過ぎたことによって倒壊する危険が出ています。現在、樹木医の治療を受けさせるため募金活動を行っています。
ぜひご協力を。
山王神社被爆くすの木募金活動についてのお願い
posted by Modal_N at 16:55| Comment(0) | Soundscape
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: